住宅ローンの審査が通らなかった場合に役に立つ特約について

マンションや住宅などは高額な買い物になりますので、住宅ローンを組むことで購入資金に充てる人がいます。金融会社は、新たにローンを組む時には、申込み者の返済能力を確認するために必ず審査を行います。

まだ住宅ローンの審査結果がわかっていないうちに、売買契約を行ったという人もいます。住宅ローンの特約をつけて不動産の購入契約を行うことは、もしもの自体に備えて必要不可欠なことです。

住宅ローンの審査の結果がわかる前に不動産会社との契約をした場合でも、もしも住宅ローンの審査をクリアできなかったなら、契約を破棄できることが、住宅ローン特約の特徴です。

あてにしていた融資が借りられなくなったのに、住居の売買契約は続行で、資金調達に奔走することになることが避けられます。特約をつけて、もしもの事態に備えておくことによって、売買契約に伴って発生しやすいトラブルを未然に回避することができます。

不動産売買の契約を交わす時に住宅ローン特約をつけずにいると、審査に通らずに資金が足りなくなってしまった時に、手付金は支払ったままで契約を切らざるを得なくなります。ローン特約をつけた上で住宅売買の契約をしておれば、契約時に支払った手付金が、融資が受けられなかった時に回収できるようになります。

やむをえず、契約をなかったことにしたい場合は、契約者側に金銭的な負担が大きくならないようにしておきたいものです。不動産会社によっては、手付金のみならず、損害賠償金の支払いを求めてきたりもします。

住宅ローン特約をつけた上で売買契約を交わすことで、住宅ローンが利用できなくなった時でも、問題が悪化しないように手を打っておけます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク