住宅ローン特約の特徴と注意点について

住宅売買で発生しがちな問題に対策をとっておくために、住宅ローン特約をつけるといいでしょう。ローンの特約と言われても、よくわからないという人もいます。

手持ちの資産だけで家や土地を購入できる人は多くないため、大抵の人は住宅ローン融資を組んで資金を調達した上で、住居を購入するスタイルになります。タイムラグの関係で、金融会社からの住宅ローン融資の審査結果を確認する前に、売買契約を取り交わすことがありますが、そういう時には住宅ローン特約をつけておくことが大事です。

ローン特約とは、一定の条件下で、不動産売買の契約をなかったことにできるものです。家や土地を買う時の契約に伴って発生するリスクを避けられるよう、対処をできるようにしておきましょう。

もしもローン特約をつけるなら、住宅ローンの審査の結果が出て融資が受けられないことが決まった時に、どのような対応をとるのかを決めておくことが大事です。ローン特約がつけてあって、売買契約を白紙に戻すことができるなら、一度は支払って手付金が帰ってきます。

一度は払い終わっている手付金でも、契約をゼロに戻すことによって返済しなければならない決まりになっています。手付金の支払いが必要かどうかは、住宅を買う時に契約をとり交わした時の内容にまとめられているようです。

契約を解除されるかどうかは、わざとローンを解除されてしまうようなことをしていない時に限定されます。金融会社から住宅ローンの審査を行っているこの時に、審査の進捗を阻害するような行為をしていると、特約が意味をなさなくなることがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク