住宅ローンを組む時のガン特約について

近年では、住宅ローンを組む時には特約をつけることが多く、つけられる特約の種類も多様化しています。

 

住宅ローンについて調べたことがある人は周知のことですが、住宅ローン融資を受ける時には特約を組み込むことができます。

 

死亡特約、ガン特約、障害特約などが代表的ですが、最近はがん特約をつけて住宅ローンを組んでいる人か少なくありません。

 

ガン特約は、住宅ローンの返済をしている時にガンになると、その後は返済をしなくてもOKになるというのが大まかな仕組みです。

 

けれども、従来のがん特約では、末期がんや、がんで死亡したケースでなければ、該当しませんでした。

 

ただし、がんになったら死ぬしかなかった昔と違って、今ではがんを早く見つけることもできるようになり、治療も可能になっています。

 

以前は、がんの中でも症状の重いものだけがローン免除の対象になっていましたが、この頃はそれ以外のがんでも使えるようになっています。

 

ガン特約にも種類があって、1回でもガンに罹患していれば、その後はローンの特約が該当することもあります。

 

軽いがんだったとしても、病院でガンと判断されたことがある人なら、ガン特約を使うことができるというものです。

 

ローンの返済中にガンになることは、本来なら好ましくないことですが、もしもの備えは大事なことです。

 

見つかったがんが初期症状だったとしても、治療はしなければなりませんし、仕事や収入に影響が出ることもあります。

 

住宅ローンを組む際に特約をつけることができれば、いざという時の対処も可能ですし、不測の事態が起きても大丈夫という気構えでいられます。

コメント