キャッシングが利用できない場合の信用情報について

金融会社からお金を借り入れたい場合は、キャッシングであれ、ローンであれ、審査を受けてクリアする必要があります。

最初の申し込みで審査をクリアすることで、以後は限度額までなら何回でも融資が受けられます。

キャッシングの審査は断固として受けられないと考えている人もいます。

キャッシングの申し込みをしても審査で断られてしまう場合、信用情報に問題があるかもしれません。

住所、氏名、年齢、職業などの個人情報のうち、借りたお金を返済できる能力を持っているかや、過去の利用実績にトラブルはないかを確認します。

今まで、返済不能に陥ったことや、債務整理を行ったことがある人は信用情報会社に記録を残され、以後、必要に応じて照会されていきます。

数社かキャッシングの申し込みをしたけれど、いずれも審査の段階で落とされてしまうという場合は、情報の内容のほうが問題です。

信用情報欄に何も問題ないことが書かれていないと、審査には通りやすくなるようです。今まで、キャッシングの利用歴はどのくらいあり、返済時に問題を起こさなかったかが審査では重視されます。

今まで、借りたお金は全額返済しているという人は信用実績ができていますので、金融会社サイドも安心して融資をすることができるわけです。

キャッシングの利用履歴の中に、返済不能の記録が残っていると、金融会社側は警戒して、新たな融資をしなくなります。

別々の金融会社でも、キャッシングの利用履歴は信用情報会社を介して共有していますので、うかつなことはしないようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク