銀行と消費者金融のキャッシングの異なる点について

SONY DSC

銀行系のキャッシング会社と、消費者金融系のキャッシング会社の差は何でしょうか。

審査のハードルが高めですが、銀行系キャッシング会社は金利が低い傾向があります。

年間で15パ―セントを超えることはまずありません。

一方、消費者金融のキャッシングは、銀行ほど審査基準が厳しくありませんが、金利は高めになっています。

貸付金額に関しては、消費者金融会社の場合、総量規制の範囲内でなければなりません。

法律に基づき、融資の上限額が定められているというものであり、総量規制では年収の三分の一までが融資可能な金額ということになっています。

幾つかの金融会社から分散して融資を受けているという人でも、総量規制ではそれらの金額を合計して計算しますので、既に他の金融機関から融資を受けていると新規の融資が受けられません。

もっと借りたいと思っても、総量規制に阻まれて、お金を貸してもらえないことがあります。

その点、銀行は消費者金融とは異なり、総量規制は適用されないので、上限額を気にせずにお金を借りることができます。

また、専業主婦が配偶者の名義でキャッシングをする場合は、消費者金融では配偶者の同意が必要になります。

銀行の融資部門なら、専業主婦で、配偶者の同意がない状態での融資について、見込みがあるかもしれません。

もしも金融会社のキャッシングを申し込みたいなら、免許証など本人確認が可能なものと、年収を証明する書類の提出が求められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする