無職でも支払状況によってクレジットカードを更新できる

クレジットカードは無職になって収入が途絶えたとしても利用できる場合があります。

無収入になった人でも、クレジットカードの利用状況によっては更新手続きが問題なくできます。

クレジットカードは、普段の買い物を便利にするためになくてはならないものです。

クレジットカードは、社会人なら1人1枚以上は持っているものですが、審査でOKが出なければカードは持てません。

その審査の時に重要視されるのが、安定した収入があるかどうかです。

しかし、クレジットカードを作るときには仕事をしていても、有効期限が過ぎて更新するときに無職になっている場合も考えられます。

無職になって収入がゼロでも、無事にクレジットカードの更新ができるのかどうか気になるところです。

クレジットカードは、更新をする時に収入がなかったとしても、そのまま更新されるというケースがほとんどです。

クレジットカードの更新では、今までのカード利用履歴が重視されるため、問題なく支払いをしていた人なら、信頼できる顧客と見なされます。

新規でクレジットカードを作りたい場合は、年収や家族構成、持ち家の有無などを確認しますが、その後は利用履歴に問題がなけれぱほぼOKです。

実際に更新されるまでの間、問題なく支払いをしていて、トラブルがなかったならばそのまま無職だとしても更新することができます。

クレジットカード会社は、これまでの支払い履歴を通して信頼できると判断しているので、更新することができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする