キャッシングの返済トラブルと信用情報の記録について

キャッシングの返済を滞らせたり、返済できない状態になってしまうと、信用情報に記録が残ってしまいます。

現金が必要な時にお金を借りることができるキャッシングは、もしもの時に非常に助けになります。しかし、融資金の返済を滞らせたりすると、信用情報に残りますので、以後、新規のローンを組めなくなったりしますので、普段から気をつけることが大事です。

信用情報に傷がつく、という言い方をする時は、延滞などの事故情報がある時です。クレジットカードのキャッシングやローンの支払いを延滞すると、金融機関を通じて信用情報に記録されます。

2カ月から3カ月、借りたお金を返さないままにしていると、金融機関は信用情報に記録をつけるといいます。1~5年程度は情報が残っていますので、信用情報会社にキャッシングのための照会をされるとすぐにわかります。

債務整理とは、借りたお金を返済できなくなった時に合法的に行うことで、破産や、任意整理、個人再生などがあります。

どんなことをしたとしても、信用情報にはその旨が記録されます。任意整理なら長くて5年、破産なら5年~10年は、信用情報としてその記録が残り続けるようです。

延滞が長期に渡ったなどの理由で、金融機関から強制的に契約を打ち切られることがありますが、強制解約になった場合は、その情報は最長5年間、信用情報に残る事になります。

日頃から、借りたお金の分はしっかりと返済していれば、そもそも事故情報ができることはありませんので、信用情報を恐れることはありません。

信用情報会社に事故情報が残った状態では、住宅ローンを新規に利用したいなど金融会社を利用したくなった時に、審査で断られることがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク