クレジットカードを利用した時の金利手数料について

手持ちの現金がない時でも、クレジットカードで支払いをしておけば、精算は後回しにすることが可能になります。

現金を使わずともいい分、クレジットカードで決済を行うことで、別途手数料を支払う必要が出ることがあります。

手数料を支払うことで、クレジットカードが使る状態にすることができます。

買い物をする時にクレジットカードを使うと、後払い契約もしくは割賦販売契約になるので、手数料が必須になります。

後払いはともかくとして、割賦ではない場合、つまりは一括払いであるのであれば、金利手数料は必要ありません。

クレジットカードを利用する時に手数料をかけたくないという人は、一括払いにしてクレジットカードの決済をするといいでしょう。

クレジットカードの提携店舗は、金利手数料以外の手数料をカード会社に支払っています。

客側は、クレジットカードの決済手数料を払う必要はなく、店が負担してカード会社に支払っています。

店舗側の収益金を高くするためには、クレジットカード払いよりは、現金での決済のほうが喜ばれるものです。

クレジットカードの決済手数料は店が負担しなければならないお金なので、顧客側の負担にしてはいけません。

クレジットカードの加盟店は、カード決済の手数料を客に請求することは、クレジットカード会社との契約違反になります。

クレジットカードを使う時は、手数料がどこで発生して、誰が負担しているのかをきちんと知っておきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする