クレジットカード利用時に発生する手数料の種類について

皆さんは高額な買い物をするときなど、クレジットカードを使うのではないでしょうか。

では、そのクレジットカードを使う事で発生する手数料は、誰がどこに支払っているのかといえば、クレジットカード会社にその加盟店が支払っています。

わたしたちユーザーが負担する手数料としては、カードの発行手数料や解約手数料、そして年会費などがあります。

クレジットカードを使って商品を購入した時の手数料は、ユーザーが支払う義務はありません。

クレジットカード会社に払う手数料を節約したければ、店は現金での買い物をしてもらえばいいわけです。

多くの客がクレジットカードで買い物をすると、その分だけ、お店は手数料を請求されることになります。

決済手数料のことだけを考えると、クレジットカードではなく現金払いの方が良いと考えられますが、ほかのメリットがあります。

クレジットカードの加盟店になることは、顧客が集まるメリットもあるわけで、手数料を差し引いても儲けが出るので、加盟することを選択するのです。

決済手数料分だけ、利益が少なくなりますが、利用者のメリットを優先することで、顧客サービスの向上を目指しているのです。

この仕組みを考えると、クレジットカードよりも現金を歓迎しているような加盟店は、経営がうまくいっていない可能性があるとも予想できます。

決済手数料については、直接顧客が意識することはまずないですが、大まかな仕組みを確認しておいたほうが安心してクレジットカードが使えます。

スムーズにクレジットカード決済を行えるようにしておくためにも、カードを使った支払いの仕組みをある程度理解しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする