学生ローンのメリットやデメリットなどの特徴について

学生がローンを組みたい時は、学生を対象とした学生ローンを使うという方法があります。

金融サービスの中には、学生を顧客としている学生ローンがあります。学生ローンとはどういった性質のローンであり、普通のローンとはどう違うと考えるべきでしょう。

まず、他の消費者金融のローンとの大きな違いは対象者であり、学生ローンは、名前からも分かるように学生を対象にしたものです。学生のうちに契約をした場合なら、卒業後でも継続して利用する事も可能となっています。

高校生は、未成年だからという理由で融資は不可になっていますが、大学生や専門学校生になれば借りることは可能です。

大学生や、専門学校の学生は学生ローンを利用できますが、高校生以下は金利条件がいくらよくても、融資は認められません。学生ローンだからといって、他の融資よりも低金利で貸し出すということもありません。

また、貸し付け時の最低金利が、一般的な金融商品よりも高金利になっている学生ローンもあるといいます。学生ローンのメリットとしては、収入のあまり多くない学生でも、ローンの審査に通りやすいという事です。

20歳を超えていて、バイトなどによって収入を得ている学生であれば、消費者金融の申し込み条件は満たします。

学生がローンを利用するとなると、周囲の人に気づかれないようになど気をつけたいという人もいますが、学生ローンなら借りやすさも秘密の隠匿性も対応できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク