学生向けのローンを利用するときの注意点

急にお金が必要になった時などは、学生でも学生ローンを利用することができますが、注意点は何でしょう。キャッシング会社と言えば消費者金融や銀行が代表的ですが、学生への融資を専門にしたローン会社もあります。

学生でもローンを利用したいという場合は、20歳をこ得ていることと、毎月の収入が安定していることが基本条件です。20歳になるまでは、学生であろうがなかろうがローンの借り入れはできません。

審査を受けても、断られてしまうだけのことでしょう。高卒で仕事をしており、毎月の収入は安定していないという状況でも、18歳を越えていれば20歳に達していなくても融資可能という企業もあります。

金融会社の中はに、未成年に対して融資を行う時は、親の了解を求めてくることがあります。学生ローンの良さもありますが、学生ローンでは不利な点もありますので、どちらの特徴もある程度抑えておく必要があります。

学生ローンは上限でキャッシングできる金額が50万円であるケースが多く、多額の借入でも金利10%台で計算されます。

最近は、現金自動支払機で会員登録の手続きまでもできるのですから、学生ローンの利用がとてもしやすくなりました。一度契約をすれば、以後は最寄りのコンビやATMで借り入れや返済ができます。

学生ローンを使っている時に、期日までの返済を滞りなく行っておけぱ、それが信用になりますので、カードローンに移行したときに貸付条件が良くなったりもします。

以後も、学生ローンを使い続けたいと思っているなら、通学範囲や自宅近くなど、行きやすいところで借りるのがお勧めです。

金融会社によっては、学生ローンの審査基準については、本人が訪れやすい立地にある店舗であることにウエイトを置くところもあるためです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク