総量規制により制限される限度額とキャッシングの種類について

キャッシング商品を扱っている金融機関は、大きく分けて銀行と貸金業者の2つあります。

これらの金融機関で扱われているキャッシング商品は、消費者が借りたお金を自由に利用出来るという点で共通しています。

審査の通りやすさや、借り入れ金額の条件は、金融機関ごとに違いますので、気をつけましょう。

キャッシングの過剰債務問題が社会的に認知されるようになり、総量規制の法律ができました。

年収の三分の一を越える金額を一度に借り入れ可能な状態になってはいけないというものであり、貸し倒れの予防のための法律です。

総量規制の対象になっているのは貸金業者に留まるので、銀行は総量規制をオーバーする金額を希望しても、借り入れ可能な場合があります。

これによって、銀行と貸金業者ではキャッシングの限度額の決定方法に大きな違いが発生することになります。

銀行のキャッシングを利用する場合、審査の結果次第では年収の3分の1を超える限度額が設定される可能性があります。

銀行は、一度の貸付金額が高く、低金利での融資か受けられますが、誰もが審査に通るとうことはありません。

消費者金融会社などのキャッシングサービスでは、法律に従って営業している限り、総量規制が適用されます。

小口の融資を受けたいなら、年収の三分の一までしか借りられずとも対応ができるでしょう。

ですが、まとまった金額が必要な場合は、総量規制の適用範囲外である銀行からの融資を希望するといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする