クレジットカード決済を締め日によって使い分ける方法

現在では、現金を持ち歩かずとも、ICカードやプリペイドカード、クレジットカード等で買い物ができます。

 

今後とも、現金で買い物をするより、クレジットカードなどを使った買い物のスタイルが広まっていくことでしょう。

 

そこで、問題なのが、現金以外の方法で決済を済ませてしまうと、毎月いくらくらい自分が使ったか分かりにくくなることです。

 

クレジットカードの請求日は1~2ヶ月後なので、自分が何に使ったか忘れている人もいます。

 

その月の収入の大部分がクレジットカードの支払いに回さなければならず、予想外に家計が苦しくなってしまうということもあるようです。

 

そこで、クレジットの決済日を有効に活用して、毎月の負担を分散する方法があります。

 

毎月決まった日にクレジットカードの請求がされますが、月々の締め日を事前に確認しておきましょう。

 

クレジットカードで決済をしてから、カードの請求日までの期間を長引かせたい時は、締め日を過ぎた後にカードを使うようにします。

 

買い物をしようと思ったとき、それが緊急の買い物でない場合は、締日を待つようにします。

 

締め日が過ぎてからクレジットカードで買い物をすることで、支払いまでの期間をより長くすることが可能です。

 

クレジットカードを使う時は、締め日と精算日に意識して、プランを立てるといいでしょう。

 

クレジットカードの締め日を少し気にすることで、予想外の請求によって生活が苦しくなるということが無くなるでしょう。

コメント