キャッシングとカードローンの違いについて

カードローンはキャッシングサービスの一部であり、キャッシングとは金融会社が少額融資を行う金融サービスです。

カードローンは、キャッシング用のカードをATMに挿入することで、融資や返済手続きが利用できるものです。

最近では、銀行だけでなく、消費者金融会社もキャッシングに必要な操作を行う時には専用のカードを使うことが多いようです。

キャッシングサービスの中には、カードを使わないものもあります。

また、複数の金融会社から借りたローンを一つにまとめられるローンもあります。

住宅ローンや、マイカーローンなど、借りたお金のを何に使うか事前に取り決めた上で融資を受ける目的型ローンも存在します。

新たにお金を借りる予定がないことから、わざわざ専用のカードをつくる必然性がなく、粛々と返済を続けるだけです。

特定の商品を購入できれば、それ以上のお金は必要ではないという目的型ローンも、借りた後は返済するだけです。

カードローンでは、一旦は借りたお金を全額返済した後でも、限度額以下の借り入れなら繰り返しできるという利点があります。

カードローンの返済は、提携ATMから入金操作をすることで行えます。

借り入れ金に対する利息は1日ごとにふえるので、前倒しで返済すれば利息を抑えられます。

カードローンは利用者のニーズに合わせた使い方ができてとても便利ですが、軽い気持ちで借りすぎてしまうということもあります。

ATMからの借り入れ操作は、自分のお金を引き出す作業のようにも錯覚してしまい、借金であるという感覚が曖昧になることもあります。

ちょっとでもお金が必要だと思うとついカードローンに手を出してしまうという癖はなくすことが、キャッシング利用時の注意点です。