ブラックの人でもクレジットカードの申し込みは可能なのか

キャッシングやカードローンで返済が延滞してしまい、信用情報機関に事故履歴が記録されている人のことをブラックといいます。

審査を行っている時にブラック情報を開示されると、金融会社はその人の審査結果を不可と判断します。

一旦ブラックに名前を連ねると、クレジットカードの審査は永久に落ち続けるようになるのでしょうか。

ブラックになっている人は、事故の程度によりレベルが分かれています。

クレジットカードの発行に関する審査を受ける時には、信用情報会社の情報がどうなっているかを確認しましょう。

ある程度の時間がたてば、その間何も問題がない人に対しては事故情報がなくなる可能性があります。

そうなるまで待てば、クレジットカードの発行機会が得られるでしょう。

過去に延滞した期間が3ヵ月以上ある場合には、ブラックリストに記録されるのが5年間になると言われています。

とはいえ、審査に通れるかどうかを決定しているのは金融会社であり、事故情報が5年残っていても、クレジットカードが発行できることがあります。

3年後の時点で安定した収入を得ている人の中には、クレジットカードの審査はOKが出る人もいるようですが、ケースバイケースです。

債務整理や自己破産をした場合にも、信用機関に事故履歴が記録されてしまいます。

クレジットカードの審査を受ける時、自己破産や債務整理の履歴は7年は残っているようです。

自分の情報なら、信用情報会社に照会することができますので、ブラックに入っているかをクレジットカードの申し込み前に確認しましょう。