ブラックの人がクレジットカードの審査に申し込むときに注意するべきこと

ブラックの人は、信用情報機関に事故が記録されてしまうとクレジットカードの審査に受かりにくいものです。

 

金融会社側の判断によっては、クレジットカードがつくってもらえます。

 

ブラックリストに名前が入っている人がクレジットカードの発行を希望する時の注意点は何でしょう。

 

クレジットカード会社が重視するのは、その人に返済能力があるかどうかなので、とにかく借り入れを無くすことです。

 

キャッシングブラックの状態で、他の金融会社からの借り入れがあるなら、完済してしまいましょう。

 

ブラックの人があまり大きなショッピング枠を申請すると、クレジットカードを現金化するのではと疑われてしまいます。

 

ショッピング枠は最低の30万円以下で申し込み、キャッシング枠は0円で申し込むのが原則です。

 

キャッシング枠があっても0円にして、実質的に使えない状態にしておけば、総量規制の対象になっていても問題ありません。

 

後ろ暗いことがある人はクレジットカードの申し込み内容に事実と異なることを書くことがありますが、それは悪手です。

 

年収に関しては源泉徴収票などの収入証明書を提出する必要があったり、他社からの借入れは信用情報機関に問い合わせるのですぐにバレてしまいます。

 

本当のことを申告していない人だと判断されると、それだけで審査は落とされています。

 

ブラックの人でも以上のことを注意して申し込むことで、クレジットカード会社よっては審査に受かる可能性があります。

コメント