ブラックでもクレジットカードを作ることができるのか

クレジットカードを新しくつくる時は、金融会社の審査を受けて、一定の信用があることを証明する必要があります。

今まで利用したことがあるローンやキャッシングの履歴や、期日どおりに返済をしているかが、信用情報会社には情報として保管されています。

信用情報がブラックになる理由というのは色々とありますが、例えばお金を借りて返済が遅れている人や任意整理、自己破産をしている人が該当します。

これまで返済を遅らせたことがない人に比べて、債務整理や自己破産をしたことがある人は、貸したお金を返せなくなる可能性があると考えられます。

新規にクレジットカードを作る時には、今まで自己破産や長期の滞納をしたことがある人は、支払いができなくなる可能性があると判断されます。

信用情報会社のブラックに名前が入っていると、貸したお金を期日までにきちんと返してくれるか怪しい顧客と見なされるようになります。

過去に滞納や自己破産をした本人はそれほど意識していないこともありますが、金融会社からすればとても大事なことです。

クレジットカードは、信用が介在することで成立しているサービス形態ですので、相手の信用を推し量ることは重要です。

しかし、ブラックの人が一生クレジットカードを作ることができないのかといえば、そうでもないのです。

クレジットカードをつくる時には、信用情報会社のブラック情報が全て消えるまでの数年、大人しく待つ必要があるでしょう。

金融会社によっては、ブラックになっている顧客でも、クレジットカードを発行しています。

いずれにしろ、クレジットカードの新規発行時の審査では不利になることは変わりませんので、対策は必要になります。