得することも損することもあるローンの借り換え

住宅ローンを組んでいる人にとって、判断に迷うことになるのが借り換えです。

借り換えによってローンの返済先を変更する場合は、それが金銭的に得できる条件なのかをきちんと見極める必要があります。

金融機関では、借り換えに応じて手数料が発生することがあります。

金利が低くなった時に、住宅ローンの借り換え手続きを行うという形になります。

借り換えによって返済負担を軽減したいなら、まだ返さなければならない借り入れ金がたくさん残っている時になります。

住宅ローンの借り換えをする時には、次の住宅ローンの手続きも行わなければなりませんので、その手続きに伴い手数料が発生します。

新しく契約をした住宅ローンの返済額だけでなく、この新しく契約をするときの手数料も含めた金額を試算するようにしましょう。

借り換えのために金融会社に相談をすれば、それぞれのケースごとのシミュレーション結果を教えてもらえますが、手数料も含む金額かは重視しましょう。

将来のことを予想して、最適な選択をすることは困難ですが、借り換えを行った後で金利条件が変動することもあります。

返済負担を軽くするには、低金利のローンを探すことです。

住宅ローンの借り換えについて考える時には、景気動静についても関心を持つ必要があります。

借り換えによって損が出てしまっては意味がありませんので、手数料も含めてシミュレーションをして、予想を立てることです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする