クレジットカードを解約する時に注意しなければいけないこと

利用するあてのないクレジットカードを放置したままにしていると、年会費を徴収されたり、不正に使われてしまうリスクがあります。

複数のクレジットカードを所有しているとカードローンや住宅ローンの審査時に不利になる可能性もあると言われています。

使うあてがないクレジットカードは、持っているより解約してしまいましょう。

もしクレジットカードの解約を決めたなら、済ませておいたほうがいいことがあります。

クレジットカードの支払いが残っている時に解約手続きを行うと、その時点で精算を済ませてしまわないといけません。

クレジットカード会社に支払える金額が手持ちにあるかを確認した上で、解約の手続きをする必要があります。

新しくクレジットカードの申し込み手続きを行うと、ポイントが優遇されるなど、入会時の特典をを受けることができます。

入会特典をもらった後すぐに解約すると、場合によってはその会社が発行しているクレジットカードを二度と作れなくなってしまう可能性があります。

クレジットカードを新しくつくってから、半年そこそこで解約するという人は、以後は警戒されることがあります。

多くの金融会社は、毎年更新日になると年会費の引き落としをしています。

支払ったお金に関しては、返ってくることはほぼありません。

ポイント特典がついていたクレジットカードの場合、解約をするとポイントか消えてしまいますので、まずポイントを使い切ってから解約をしましょう。

支払中のお金はあるか、ポイントはどのくらいたまっているかなどは、クレジットカードの解約前にチェックしてください。