クレジットカードの申込時の審査について

自分の信用情報は、クレジットカードの審査をクリアできるかを気にしている人がいます。

まず、クレジットカードには銀行系、信販系、消費者金融系などの種類があります。

銀行系や信販系のクレジットカード会社は、消費者金融系のクレジットカード会社より審査のハードルが高めです。

比較的審査に通り安いのは消費者金融系のクレジットカードで、量販店や、スーパーなどの流通会社が提携しているものです。

クレジットカードの申し込みは、パートや、臨時採用のような不定期収入で暮らしている人でも可能になっています。

過去に滞納や返済不能状態に陥ったことがなければ審査は難しくはありませんが、一定の安定した収入があることが重要になります。

金融会社とは別に信用情報会社というところがあり、これまでローンの支払いや、カードの精算で問題は起こしていないかを確認してくれます。

たとえばローンの返済の延滞があるとか、あるいは債務整理を行った場合は、信用情報機関に事故情報として登録されます。

金融会社の融資は、過去に借りたお金を結局返せなかったという人に対しては、低めに設定されている傾向があります。

信用情報のチェックをしている会社があることはあまり知られていないので、うっかり事故情報を残してしまった状態で、クレジットカードの審査を受けて断られる人もいます。

心当たりがある人は事前に異動情報の内容を調べて、クレジットカードの発行認められるか確認しましょう。

自分の信用情報が今どのような状態になっているのかを知りたい人は、自分で直接、金融情報会社に問い合わせてみましよう。