融資も利用可能なクレジットカード

現金代わりに買い物ができるクレジットカードは、それ以外の付帯サービスも充実していのす。わざわざお財布の中にお金を入れておかなくても、クレジットカードがあれば、買い物ができます。

最近のクレジットカードは、日々の買い物に便利なだけでなく、他のサービスも付帯しています。買い物に使える以外にも、クレジットカードをキャッシングに使うことができます。提携ATMにカードを入れて、お金を引き出すことができます。キャッシングカードとしても使えるクレジットカードが必要な人は、手続き前に確認するといいでしょう。

クレジットカードの主目的はカード決済に用いるためであり、キャッシング枠はそのサービスが欲しいという人に対してつけているものです。

新しくクレジットカードを発行する時に、キャッシング機能もつけることを前提に審査を行い、審査でokが出ればキャッシング枠を決めます。設定されたキャッシング枠が貸付金額の上限になり、この金額をオーバーする金額を一度に借りることはできません。

新しくクレジットカードをつくる時は、基本となるショッピング機能の他に、キャッシング機能をつけたい場合に審査のハードルが上がります。キャッシング枠の希望する金額によっては、年収を証明する書類など、必要書類が増える場合があることは知っておく必要があります。

クレジットカードをキャッシングに使った場合、返済日はカードの精算日になりますが、その時には利息が日割りでつくことになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク