クレジットカードの融資の魅力と仕組みについて

以前は、裕福な人でなければクレジットカードは持たない印象でしたが、最近では誰でも1枚は持っているようです。

クレジットカードを使うということは、厳密には一時的に融資を受けて、借金をすることを意味します。クレジットカードには、決済に利用できる以外にも様々な特典がついており、使い方次第でとてもお得な使い方ができます。

店でサービスや商品を購入した時に、キャッシュを払わずに、クレジットカードを使います。クレジットカード会社は、カード決済によって支払われた金額を一時的に出して、店への支払いを済ませます。

カード会社は、1カ月分のクレジットカードの利用金額を記録しておいて、次の支払い日になったら、一括で請求するという形です。形の上では借金も同然ですが、翌月の一括返済にしてあれば、一般的なキャッシングのように利息がつくことはありませんので、それを踏まえてクレジットカードの仕組みを理解しておきましょう。

一般的にはクレジットカードでショッピングをする時に使用しますが、ATMで現金を引き出すことのできるサービスもあります。クレジットカードにキャッシング機能が付帯している状態であり、すぐにお金がいるという時に重宝します。

次回のクレジットカード精算日に、キャッシングとカード決済とを合算して請求します。口座からの引き落としにしておけば、返済忘れを防ぐことはできますが、ATMから返済を済ませることもできます。

買い物をしたい時から、お金を借りたい時まで、クレジットカードがあれば、スムーズに日常生活を送れるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク