無利息キャッシングのメリットとデメリットについて

最近注目されている無利息キャッシングは、指定された期間内であれば利息がかからず、お金を借りられるサービスです。

金融会社にとっても、無利息に魅力を感じた顧客が融資の申し込みをしてくれれば、とても嬉しいものといえます。仮に、無利息期間内までに返済ができなかったとしても、普通に利息をつけて返済すればいいだけの話になりますので、ひとまず無利息で融資を受けるのもいいでしょう。

想定していなかったことが起きるなどして手持ちのお金が不足している人は、無利息キャッシングがおすすめです。

基本的に30日間の無利息期間を設ける会社が多いですが、キャッシングを利用し、借り入れをしたも通常であれば一括返済した場合、利息がかかってしまいますが、無利息期間が設けられたキャッシングであれば、30日の期間内に一括返済をすることによって、元金以外のお金が発生しないので、利息を理由にキャッシングの利用をためらっている人にぴったりのサービスと言えます。

ただ気をつけなくてはいけないのが、業者によってそれぞれ無利息キャッシングの条件や内容は異なっているという点です。

サービスの内容をよく確認して、計画性を持って利用しないとかえって利息を払うことになります。確認ミスなどが原因で、無利息でキャッシングを利用することができない状態になることもあります。無利息で借りるつもりで融資を受けたのに、返済期日の間違い等が原因で、利息を払う羽目になるケースもあります。

借りたお金を返す日が遅くなったせいで、利息やペナルティーで支払う金額が膨らんでしまうこともあります。キャッシングに対する抵抗感が薄れてしまう事もデメリットです。

利息がかからないということでキャッシングへのハードルが下がる事から、お金を借りすぎてしまい多重債務に陥る恐れがあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク