ローン減税を活用してお得にマイホームを購入する

もしもこれから家を買うために住宅ローンを組む予定があるなら、住宅ローン控除について調べておくべきです。

住宅ローンは、ごく一般的に使われているローンですが、減税措置も用意されているので、使わない手はありません。住宅ローンの控除を受ける時は、確定申告や、年末調整で行います。

住宅ローンの返済残高によって、その年の控除額が決まりますので、ローンを組んだ時の書類を用意しておかなければなりません。本来、会社員なら会社がしてくれる確定申告を、自分自身ですることになります。

年末調整任せで税金関係の手続きを全て終わらせられれば会社に任せられますが、初年度はそうもいきません。手続きが煩雑だと思ってしまう人もいるようですが、その後は確定申告はしなくても良くなるので、大変なのは最初だけです。

この住宅ローンの減税は、金額も大きくなるので、使わないのと使うのでは大きくマイホームの費用負担に差が出てきます。住宅ローンを少しずつ返済している人でなければ使えない制度であり、減税を希望する人向けです。

住宅ローンの減税を利用したい場合は、前提として、その家に自分が住んでいることが求められます。住宅ローンの減税は、返済残高に応じて金額が決まるので、どんどん返済するつもりの人は、住宅ローンの減税措置が適用されないことがあります。

これから先、10年以上かけて住宅ローンの返済をするつもりでいるなら、住宅ローン控除を利用できるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク