国の教育ローンと日本学生支援機構の奨学金制度の特徴

もしも子供が専修大学や大学に入るための費用が必要なら、国が融資する教育ローンの申し込みをすると資金が得られます。

借り入れは親が行い、親が責任を持って返済をします。貸付金額は、1年間に必要な金額か、350~450万円のうち、どちらか少ないほうを基準にして、教育ローンの融資を行っています。

1年ごとの申請なので、次の年は改めて申込みすることが必要になります。審査の結果が思わしくないと、借り入れを希望してもローンは組めないということは、知っておく必要かあります。

日本学生支援機構が扱っている奨学金制度は、教育ローンと並行して借りることが可能です。教育ローンを組むために幾つかの金融会社に行ったが、思うようにいかないという時は、日本学生支援機構の奨学金の出番です。

学生のうちは、使用額金は借りる一方であり、学生本人の名義で資金を調達します。返済が開始するのは卒業してからです。返済は、毎月1回ずつ決まった金額を返すという仕組みですが、ボーナス時に前倒しで返済する人もいます。

在学期間中に利息の一部のみを返済することも可能となっており、卒業後の返済負担を軽くすることができます。奨学金の返済が始まるのは、学校を卒業して就職先を決めてからであり、15年以内の返済が重要になっています。

教育を受けたいけれど資金がないという人は、奨学金や、教育ローンを上手利用してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク