低金利でお金を借りることができる教育ローン

入学金や授業料を準備するには、低金利で利用できる教育ローンの利用がおすすめです。

フリーローンとは、借り入れた現金を何のためのお金にしてもいいということですが、目的型ローンはお金の使い道に条件があります。教育ローンは目的型ローンの一種であり、使い道は自分の子供が学生になるための入学金や授業料、または必要な教材の購入費用です。

教育ローンは保護者が自分の子供の養育に必要な資金を調達するためのものですが、奨学金は学生当人の名義でお金を借り、返済も当人がします。学生でいるための入学金や、授業料が足りないという場合は、銀行や、公的機関の取り扱っている教育ローンがあります。

大口の融資を希望する時に限り、保証人を立てなければいけないこともあります。利用できる金額は提供している金融機関によって異なりますが、300~500万円程度まで借りられることが多くなっています。

他の金融商品と比較しても低い金利で融資を受けられることが教育ローンのメリットです。一般的なキャッシングは、金利が高いところでは18%であり、大口の融資になるとやや金利が低くなります。

一方で、教育ローンは高いところでも2~3%の利息で融資を受けることが可能です。現行の法律では、総量規制という制限があり、年収に対して一定の割合でしか融資を受けられません。ただし目的型ローンは例外で、総量規制の対象外になります。

教育ローンの返済は5~10年というロングスパンになりますので、コツコツと返済ができます。もしも、授業料や、入学金など、子供の教育費用に充てるお金が足りない場合は、教育ローン融資を受けてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク